読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM・格安スマホのUQMobileとワイファイルーターWiMAXを一緒にはじめよう

UQWiMAXとUQMobileについて元WiMAX専門家が初心者にわかりやすく解説する口コミ比較など集めたブログ(au系のネタも)

海外渡航の際に危険なWiFiスポットについてのヤフーニュース

世界で今一番危険なWiFiスポットはリオ五輪

複数のセキュリティ会社が五輪用に設置されたリオ市内のホットスポットを調査したところ、ハッカーたちは市内のいたるところに「偽ホットスポット」を設置し、簡単に個人情報を盗んでいる。

個人情報が盗まれているというのはどう言うことかというと

ホットスポットWiFiを利用すると、ハッカーは銀行口座やパスワードなどあらゆる個人情報にアクセスすることができるということです

 

さらに驚くべき事実なんですが、怪しいWiFiスポットだけではないカスペルスキーが正規のホットスポット4,500か所を調査したところ、18%が暗号化を採用しておらず、7%は暗号化が旧式のため簡単にハッキング可能だったというとのことです

 

ハッキング対策をするにはどうすればいいのか

無料のWiFiスポットだからとつい接続してクレジットカード番号が漏れ不正請求されたりすることもあるでしょう

そんな時に記事内でも推奨されている方法は

ハッキングを避けるために重要なのは、市内のWiFiの利用を避けることだ。画像をインスタグラムやフェイスブックに今すぐ投稿したいという人は、自前のレンタルWiFiVPNを利用することをお勧めする。

 そうです自前のWiFiルーターを使えばこういったスポットを介してのハッキングというのは防ぐことが可能なのです

 

海外渡航用の際のモバイWiFiルーターは事前申し込みでレンタルできるのご存知でしょうか?

安価でルーターのレンタルができるのでお勧めです

海外のレンタルルーター公式サイトはこちら

>>>世界中でインターネット!グローバルWiFi公式サイトはこちらをクリック<<<海外WiFiルーターレンタルについて

 

危険なのは海外のWiFiだけじゃない

海外だけじゃなく日本国内での無料WiFiも同様に危険です

以前、ホテルに備え付けている無料のWiFiでハッキング被害にあったニュースもありましたね

ビジネスでホテルに泊まり仕事のためにPCを持ち込み備え付けの無料WiFiでインターネットに接続し企業の大事な情報が漏れるという事です

企業の大事な情報以外でも上記のように個人情報としてクレジットカードの番号やパスワードやネットショッピングのログイン情報なども漏れてしまうと他人に勝手に買い物されてしまう場合もあります

 

これらも、海外同様に自前でモバイWiFiルーターがあれば防ぐことができます

旅行先だけで使うなら短期間のレンタルか月額契約で契約し使う方法をとる事をおすすめします

国内向けレンタル端末の公式ページはこちらをクリック

>>>レンタルモバイルwifiルータ(wimax/イー・モバイル)<<<国内向けルーターのレンタルについて

 

↓↓↓ワイマックスの公式ページはこちらをクリック↓↓↓

【WiMAX2+】モバイルネットの最強へ。